穫れたての話題をあなたへ

有名人の人生に啓発されたり、諦めたり、あなたの人生もなるようになる!楽しく読んでリラックスタイムを過ごしてくださいね!

海老蔵は「團十郎襲名」のために再婚するのか?!梨園の掟と梨園の妻は切っても切り離せない!!

スポンサーリンク

市川海老蔵さんが2020年の東京オリンピックに合わせて十三代目・市川團十郎を襲名することになれば、その時に妻が居て梨園のしきたりを全うするのが当然の成り行きです。

つまり、それまでに海老蔵さんは再婚していなければならない、ということになります。個人的な問題ではなく、400年以上続く江戸歌舞伎を守るためです。

 子供の父として

麗禾(れな)ちゃんや勧玄(かんげん)くんのお世話や心のケアもある海老蔵さん。お弁当を作ったり勧玄くんに稽古をつけてあげたり忙しくもあり、哀しい気持のなかでも每日を一生懸命に過ごされているようです。

市川團十郎の名跡(みょうせき)は市川宗家が受け継ぐ

名跡(みょうせき)とは代々受け継がれる個人名で、「市川團十郎」がこれにあたりますね。市川宗家(いちかわそうけ)に受け継がれる名跡です。宗家(そうけ)とは伝統芸能の本家、という意味です。

海老蔵さんが「市川團十郎」の襲名をするということは歌舞伎界のナンバーワンになるということですね。歌舞伎界で宗家と名乗るのは成田屋だけですから。名門中の名門!

市川宗家成田屋だけ

成田屋にとって男の子が誕生するのが必須だったように、梨園のしきたりでは妻がご贔屓にしてくれる人たちへの気遣いをするのが掟ですから、海老蔵さんには妻がいなければなりません。

これが江戸時代から続く梨園の世界のしきたりを守るということです。この掟を守るためには海老蔵さんは再婚するということになるのでしょうか。。。

梨園の妻の存在

「舞台の中は役者の仕事。外は妻の仕事」と梨園では言われています。舞台の上で芝居をする華やかな場と妻の仕事であるあいさつ回り、引き出物など手抜かりがないようにこなさなければならない雑事があるんですね。

麻央さんなら立派にこなせたと思うと本当に残念で仕方ありません。

永遠の愛

真央さんとは永遠の愛を誓った海老蔵さん。その個人の気持と折り合いをつけて歌舞伎の世界に生きる覚悟もしなければならないでしょう。遠くない将来、海老蔵さんが真剣に向き合わなければならない「妻」の問題です。

歌舞伎の世界といっても、成田屋ならではの問題ですよね。成田屋市川宗家だから名門だからゆえの問題ですもの。

将来の妻の重責と苦悩

真央さんの後に海老蔵さんの妻となり、市川宗家である成田屋のために梨園の世界に身を捧げる女性が居るのでしょうか?ものすごい重責ですよね。悩んで苦しい思いをするのはわかっているでしょう。

なんだかせつないですね。そしてそれをも受け止め支えていかなくてはならないのが海老蔵さんです。海老蔵さんが付いていてくれるなら大丈夫かしら。

海老蔵さんの魅力

素直で物事をはっきりと言うことことも多い海老蔵さん。出会いや別れ、しがらみや純愛や友情や親になることなどたくさんの経験をして、ますます男らしく成長していくことでしょう。

これからの海老蔵さんのご活躍を応援しています!!

 この記事を読んだ方はこちらの記事もご覧になっています。

new-autumn.hatenablog.com