あきの独り言

日頃のニュースから思ったことを綴っています。

北朝鮮ミサイル通過経路、日本上空を飛ぶ!! 

スポンサーリンク

首都平壌あたりから2017年8月29日5時57分ころミサイルが発射されました!北海道を通過して太平洋へ向かって行き落下しました。

 北海道上を通過した北朝鮮の弾道ミサイル!!

8月20日5時58分北朝鮮西岸から北東へ弾道ミサイル発射を確認しました。前回は沖縄上空を通過したことはありますが、今回は北海道上空を通過しました。6時6分に襟裳岬を通過、6時12分ころ襟裳岬東方約1180kmの太平洋上に落下しました。

航空機や船舶への被害はありませんでした。北朝鮮のミサイルは3つに分離した模様です。3つとも同じ場所に落下ということです。

北朝鮮は日本に予告をせずに発射しました。

臨時記者会見

官房長官は記者会見で北朝鮮から1発の弾道ミサイルが発射されたこと、航空機や船舶への被害はないことを発表。

国民の生命を守るために調査をして分析、対応するとのことです。

今回の弾道ミサイル

8月10日にグアムに向かって発射しようとしていたものと同じ弾道ミサイルとみられます。北朝鮮からグアムまでは約3000kmです。もしグアムに向けて発射するなら、北海道ではなくて日本の南を通過するはずだったのです。

島根県では上空を北朝鮮の弾道ミサイルが通過することを予測して迎撃ミサイルの準備をしていたそうです。でも北海道方向に発射されたのですね。

予告とは違う経路で狙えるロケット軌道が可能となると、北朝鮮の弾道ミサイルの性能の良さが伺えます。現在アメリカ軍と韓国軍が調査をしています。

中国の反応

中国政府からのコメントはまだなくて、日本のNHKの放送を利用する形で報道しています。

最後に

  • この弾道ミサイルが日本の上空を通ったけれど、日本からの迎撃ミサイルは発射されていなかったんですね。
  • アメリカ軍と韓国軍との合同軍事演習への反発とみられます。
  • 釧路ではJアラートが鳴ったそうです。アラートが鳴って、逃げてください、と言われても、どこに逃げればよいのかわかりません、とおっしゃっている方もいらっしゃいました。

相手はミサイルですし残された時間は数分ですからね。とりあえず、落下物があるといけないから頑丈な建物の中にいたほうが安全ということでしょう。

2017年9月15日北朝鮮ミサイル発射!

2017年9月15日北朝鮮ミサイル発射の記事はこちらでご覧くださいね。

new-autumn.hatenablog.com