あきの独り言

日頃のニュースから思ったことを綴っています。

2017年9月15日6:57北朝鮮ミサイル通過経路!!韓国も対抗措置としてミサイルを演習で発射!!

スポンサーリンク

2017年9月15日6:57に北朝鮮西岸、平壌から発射されたミサイルは北海道上空を飛んで7:16襟裳岬の東2200kmに落下しました。およそ20分ミサイルが飛んでいたんですね。火星12型ではないかと思われます。

8月29日の弾道ミサイルと同じような経路を辿ったようです。2週間前と同じ軌道だったんですね。

韓国軍は対抗して弾道ミサイルの演習をしたそうです。

 

Jアラート(全国瞬時警報システム)発表地域

北海道、青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県、栃木県、群馬県新潟県、長野県

ミサイル発射時刻とJアラート

・06:57頃     北朝鮮西岸からミサイル1発発射 東北方面へ
・07:01      Jアラート第1報
・07:04~07:06頃 日本領域内(北海道地方)を通過
・07:07      Jアラート第2報
・07:16頃     襟裳岬の東約2200kmの太平洋上に着水

とられた措置

  • 破壊措置は実施されていない。
  • 不審な物を発見した場合には、決して近寄らず、直ちに警察や消防などに連絡を。

8月29日の場合と比較

8月29日は、高度550km、水平距離2700kmを弾道飛行し、襟裳岬の東約1180kmの太平洋上に落下。14分飛行した。

今回9月15日は高度最高800km、水平距離3700km、襟裳岬の東2200kmの太平洋上に着水です。前回よりも飛距離が伸びました。

前回は距離が伸びなくて失敗だったからもう一度トライしたんですね。北朝鮮はまだまだ技術向上のため実験が続きそうで、怖いです。

北朝鮮からグアムまでは3400kmだから、今回の実験では、グアムを射程に捉える距離に成功したということですね。

被害報告はなし

航空機や船舶の被害はなかったようですが、落下物による被害がないか調査中。Jアラートやエムネットで国民に情報を提供。

安倍首相

安倍首相はインドから帰国中です。羽田空港から首相官邸に向かう予定。

韓国は直後にミサイル発射

韓国は直後にミサイルを発射して、有事の際には攻撃できることを見せつけています。

韓国は平壌までの距離を想定した弾道ミサイルの発射訓練をしました。韓国から日本海に向けてミサイルを発射して、韓国から北朝鮮に対してもいつでも対応できるというところを見せる訓練をしたのですね。