穫れたての話題をあなたへ

有名人の人生に啓発されたり、諦めたり、あなたの人生もなるようになる!楽しく読んでリラックスタイムを過ごしてくださいね!

年俸8000万Jリーグ元日本代表磯貝洋光の引退の理由は?結婚歴や離婚歴はあるの?

スポンサーリンク

礒貝洋光さんは元日本代表のプロサッカー選手です。Jリーグ時代には年俸8000万円という驚異的トッププレーヤーでした。引退理由は何でしょう?怪我が原因なのでしょうか?

結婚や離婚歴はあるの?今は大工見習いで時給6000円だけど好きなことだけして暮らしていて幸せそう。

 引退の理由は 怪我なの?

怪我もあったでしょう

サッカー選手なので、度重なる怪我もあったでしょう。だけど、そんな時でも怪我の状態を心配するよりも、ゴルフできるかな?という心配をしていたという礒貝洋光さん。常識的には、ゴルフじゃなくてサッカーできるかな?でしょう。

サッカーの天才!

天才といわれながらも努力家とは言われたことないですよね。本当にサッカーのセンスがあって上手なんだけれど、気持が他の選手とは明らかに違っていたのだそう。

天才とは99%の努力と1%の閃きであるとエジソンは言ったのは有名ですが、礒貝洋光さんのように99%の才能があったのにあとの1パーセントが足りなかったようです。これぞ本物の天才だったという気がしますが。。

プロゴルファーへ

サッカーはチームプレーで自分の出来る限界がある。一人で勝負できるプロスポーツで勝負したい!

と、十何年もサッカーやっている人が言ったときは周囲もびっくりしたとか。とは言え、運動神経バツグンで一発でプロゴルファーの試験に合格したところが凄い。でも残念ながら、ツアーでは成績を出せなくて賞金はほとんど無かったらしいです。 

という事は、サッカー時代の貯金を切り崩して生活費に充てていたのですね。

サッカー選手への執着はなかった

ようするに礒貝洋光さんにとって、サッカーは生活するためにやっていたとか、プレーは上手だから面白いだろうけれど、情熱を傾けて夢中になってのめり込んでいたという訳ではなかったのかも。

どこかひょうひょうとした感じですね。怪我で引退ではなくて、そこまでサッカーに取り組む強い思いが無かったということでしょう。給料に見合うプレーができないからと言ってあっさりと引退できたのは、この理由ですね。

スポーツ医学のアドバイザー

スポーツ医学のアドバイザーとして現役選手の悩み相談に応じているそうです。こういうのって、とても役に立っていると思います。選手として現役を経験しているからこそ相談者の気持がわかるもの。

大工見習い

高校時代の同級生が棟梁を務める建築現場で「大工の手伝い」をしているそう。日給6000円だとか。自分自身は何にも変わってない、ただ好きなことだけやって笑って生きていたいとのこと。

こういう人生も面白くていいな~。好きなことをずっとやって暮らしているんですよ。大抵の人は稼ぐために働いているでしょ?

結婚や離婚の経験はあるの?

結婚や離婚の情報はありませんでした。現在は独身という記事があったから、このことからもしかしたら、結婚離婚はあったのかもしれませんね。女性にもてたいって思っていたみたいだし。

ゴルフのことを

打ちっ放しにいって、俺みたいなカラダの人とか、(髪が)薄めの人が楽しそうに女の子と打ちっ放しをしてた。俺もあんなお姉ちゃんにモテるんじゃないか。それからやりたいってずっと思ってた。

とおどけて話していたそうです。ご結婚されていたら、友人の一軒家を一間借りて暮らすっていうのは難しいですよね。お部屋が散らかっていたという情報からすると現在は彼女もいないのかもしれませんね。

自分一人なら好きなことだけして暮らしても誰に迷惑をかける訳でもないし、全く構いませんよ。かわいそうでもないし、好きなことだけをして暮らしている人そういないです。

好きなこと、やりたいことが見つからない人さえいるんですから。なかなか真似出来ない人生を歩んでいる礒貝洋光さん、これからも応援しています!

この記事の終わりに

  • Jリーグ元日本代表の礒貝洋光さんは怪我で引退したのではなくてサッカーへの強い思いが無かったように見えます。
  • ご本人はお給料に見合ったプレーができないから引退したとおっしゃっています。
  • 結婚歴はなさそうです。ということは離婚歴もないですよ。
  • 好きなことをやって暮らしていて周りが思うほど浮き沈みしていないようです。

浮き沈みしているのはお金ですね。何を優先するかで見方が変わってくるところが面白いです。好きなこと、興味のあることをして暮らしているのだから礒貝洋光さんは別に変わってないのです。

以上、「年俸8000万Jリーグの元日本代表磯貝洋光の引退の理由は?結婚歴や離婚歴はあるの?」でした!