穫れたての話題をあなたへ

有名人の人生に啓発されたり、諦めたり、あなたの人生もなるようになる!楽しく読んでリラックスタイムを過ごしてくださいね!

九州豪雨のPTSDはどんな治療方法があるの?

スポンサーリンク

九州豪雨を経験した人たちからPTSDの症状がみられるらしいです。怖い思いをしたり、親しい人を亡くしたりして雨の音が気分を悪くさせるとか。一般の人には雨の音って癒やしの音にもなるのに。

その雨の音が記憶を呼び戻してしまうなんて本当に大変なひどい目にあったってことですね。どんなふうに予防や治療をしたら良いのでしょうか?治療方法はどんなことがあるのでしょう?少しでも心が穏やかに過ごせるようになって欲しいです。

 九州豪雨のPTSDどんな治療方法があるの?

雨の音が怖かったり夜眠れない、食欲不振

災害などの直後には誰にでも起こる反応ですが、長期化すると直すのが難しくなることもあるそう。心的外傷後ストレス障害PTSD)やうつ病となってしまいます。

明るく前向きに考える人、自立心が強く頼らない人が発症しやすいと言われています。

保健師精神科医、スクールソーシャルワーカーたちが、心のケアに努めているそうです。それから災害派遣精神医療チーム(DPAT)が避難所を巡回して面談しています。

治療方法

療法による治療としては、
1.EMDR(眼球運動による治療)
2.催眠療法
3.カウンセリング
4.自己暗示療法
5.行動療法
6.アロマセラピー


などがあります。EMDRというのが最近良いとされていますが、治療できる人がまだまだ足りない状況らしいです。自分にあったお医者様に出会えると良いです。


カウンセリングを受けてひとりで悩まないことが大切なんですね。普通の健康な人でも話を聞いてもらったりすると心が軽くなることがありますよね。

悩んでいるのが子供の場合は近くにいる大人が話を聞いてあげることが大切ですね。大人の人は生活を再建するのに忙しくて子供のことが後回しになってしまわないように気をつけてあげたいです。

それから思春期の女の子には特別に配慮してあげたいですよね。