あきの独り言

日頃のニュースから思ったことを綴っています。

マライヤキャリーの口パクっていつからなの?なぜ大晦日まで口パクだったの?

スポンサーリンク

マライヤキャリーが口パクで歌っていたのはいつからなの?なぜ?という疑問があるので、調べてみました。大晦日のカウントダウンのときでさえ口パクだったなんてびっくりです。

f:id:new-autumn:20170729191631j:plain

引用元:ja.wikipedia.org

2008年にはこんなに素敵な笑顔で可愛かったんです。

現在は体重が106キロもあって歩くのも難儀だそうで、もちろん口パクですが最初の頃はこんなに太っていないのに、口パクでしたよね。

 高温の声が出ない

2014年12月16日のコンサートでは高音で声が出ないので、ファンからブーイングがあったとか。アメリカでは思いっ切り褒めるけれど、がっかりしたときはその気持もしっかりと表しますからね。

200ドルもするチケットを買った人は頭にくるくらいだったそう。「本当のマライアの声が聴きたい」と大声をあげる人もいたらしいです。

そこでだんだんと口パクをするようになったのでしょう。つまり高音が出せないので、口パクでごまかしていたということですね。

口パクで歌う

  • 「2015 Jamaica Jazz and Blues Festival」にて口パクでパフォーマンスしていたと話題になっていたので、口パクは今に始まったことではないでしょう。
  • 2016年12月3日に、ニューヨークのロックフェラー・センターで収録されたクリスマスツリーの点灯式の祭典でも、口パク疑惑が浮上し、その様子がすぐさまネットに流出する騒ぎとなっています。
  • 2016年12月31日には、歌姫マライア・キャリーが国民的カウントダウン番組で口パクを披露してしまったのです。大晦日に行われたアメリカのTV番組に出演したマライア・キャリーが音響機材のトラブルに巻き込まれて、生放送で“口パク”がバレるという騒動がありました。

激太り

2006年と2013年に激太りをしていて、また元の体重に戻っているとのことです。今回の激太りもまたもとの体重に戻ると良いのですが。だって医者から生命の危機とまで言われているんですよ。

声が出ないからストレスが溜まって激太りしているってことも考えられますよね。プライベートが上手く行っていないとかも関係あるのかもしれませんけれど。美しいマライヤキャリーほどの人でも激太りしてしまうというのは心穏やかではないのでしょう。

このままだと

手足が不自由になる関節炎を引き起こす可能性があるそう。さらには心臓の疾患、高血圧、糖尿病になりやすくなり、がんになるリスクも高くなるので、またスリムな体型に戻ることを祈っています。

マライヤキャリーさん、これからも応援しています!