あきの独り言

日頃のニュースから思ったことを綴っています。

多部未華子が「演じたい役がまだない」理由とは?

スポンサーリンク

多部未華子さんが「演じたい役がまだない」理由とはなんでしょう?いろいろな役をこなされて、演技力のある女優さんです。可愛い女優さんから演技派女優になっていると思いますよ。もちろん可愛いですが。

 演じたい役がまだない理由

いろいろな役をドラマのパーツになって演じてきた

『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』(NHK総合)では鳩子役を演じた多部未華子が、質の高いドラマを表彰する『第8回 コンフィデンスアワード・ドラマ賞』で主演女優賞をもらいました。

『ツバキ文具店~鎌倉代書屋物語~』の世界観が気に入ってるとか。特に事件らしい事件が起こらないドラマを演じるのは難しそうです。

『めしや』で無銭飲食をしてしまう少女を演じたり、話しかけるという賭けをして歩く『夜のピクニック』や、UQモバイルのCMでは男心を上手に見抜く女性を演じたり、不思議な戯曲『オーランドー』では時代も国境も超え、男性から女性へと性別まで超えてしまいます。

誰とでも寝てしまうダメ女を演じたり、清純派なイメージが見られる作品に出演したりとこれだけの作品に出演されていても、「演じたい役がまだない」というのはなぜか?

演技にたいする捉え方

すごく演じたい役というのがまだなくて、いつもお話を頂いてから受けようかどうか、考えているのだそう。

多部未華子さんは演技のことで論議したりすることがまだないようですが、自分の意見を持って論議し合えるようになりたいともおっしゃっています。

そのためにやっていることは

  • 家でいろいろなドラマを観るようにしている。
  • 演技が素敵だったから一緒にお芝居をしてみたい相手を自分から言えるようになりたい。
  • 作品が好きだからそのスタッフと一緒にお仕事してみたいと自分で言えるようになりたい。
  • 仕組みがわかった上でお仕事を考えていけるように勉強している。

このように考えていらっしゃるから簡単に演じたい役というのも見つからないのかも知れませんね。

とても謙虚な考え方をしているので、作品をきちんと理解したい、もっともっと深く理解したいという気持から、簡単にこの役が自分にあっているとか、上手くやれるとか、思わないのでしょう。

多部未華子が「演じたい役がまだない」理由はまだまだ勉強不足だとご本人が思っていらっしゃるからだと思います。これからのご活躍が楽しみですね。

多部未華子さん、これからも応援しています!